睡眠障害とは?


三大欲求の一つでもある睡眠に関しての悩みが、深刻化しているように感じています。

マイ枕のブームをはじめ、睡眠外来の専門医までできるほど、悩みのニーズが高い事が伺えます。

実際に来店される方の悩みの中にも、必ずと言っていいほど睡眠に関するワードが出てきます。


悩むポイントはそれぞれ違いがありますが、こんな訴えが共通してあるかと思います。

  • 布団に入っても中々寝付けず、数時間経過する。
  • ずーっと夢と現実を行ったり来たりしていて意識がある。
  • 一度は眠れるが、夜中に2〜3度はトイレで起きてしまう。
  • 睡眠時間は確保して寝ているけど、体力が回復していない。
  • 一度目が覚めると、二度寝ができない。
  • 朝の時間ギリギリにならないと身体のスイッチが入らない。


一日の始まりである朝を、清々しくスタートできない辛さは、堪え難いものがあります。

断眠という形で睡眠を拷問の手段にも使われていたほど、睡眠が与える精神への影響が大きい事がわかります。

一般的に、睡眠障害の原因はどのように言われているでしょうか?

  • 寝る直前の、パソコンやスマホの使用。
  • ホルモンの分泌の不足 (朝一の日光を浴びる)。
  • 夜の食事のタイミングや、直前のコーヒーなどの嗜好品。
  • ストレス(人間関係や明日の仕事など)
  • 寝具との相性


細かい表現は色々あるかと思いますが、このような内容をよく目にします。

これらの原因を手がかりに、実際に実践することで睡眠の質が向上する方もいらっしゃいます。

しかし多くの方は自力で質を向上させる事が難しく、薬などに頼ってしまうのが現状だと思います。

睡眠障害の実際とは


睡眠障害に陥ってしまう理由とは何が考えられるでしょうか?

  • 自律神経が交感神経に振りすぎている。
  • 脳の処理にエネルギーを使い過ぎている。
  • 過去の終わった出来事を処理できない。


睡眠障害は、特定の感情や内臓が原因で起きていると説明しにくい症状です。

違う言い方をすると、全ての症状に対してオプションの様に付随する症状だと言えます。

説明の為にあえて内臓を選ぶとすれば、『脳』になるかと思います。

日中の対人関係や環境などに関して、様々な感情を処理できない状態のまま、就寝を迎えベットに横になっても

脳内では悩みのエネルギーが渦巻き、活性化している状況になっています。

それでは、副交感神経(リラックスモード)に切り替わる事ができず、肉体は戦闘モードになってしまいます。

これまで来店されたお客様の8割くらいが、睡眠の問題も同時に抱えていらっしゃいました。

睡眠がメインの悩みではないので、優先順位が後回しになるのですが、他の症状を調整する過程で

すっかり睡眠の問題は解決している事がよくあります。

睡眠障害で悩まれている方は、情報や感情の断捨離ができずにいらっしゃる傾向にあります。

一度リセットをする為に、考えても解決しない内容や感情、終わった事柄から解放することをお勧めします。