吐き気の症状は、身体からどのようなメッセージがあるのでしょうか読み解いていきます!

  • 食材の中に、食中毒となるものが入っていた。
  • お酒、過食などの過剰飲食
  • つわりなど、ホルモンバランス
  • ストレス性


このような背景が、一般的に思い浮かびやすいと思います。吐き気だけの症状以外にも、寒気、下痢、頭痛などの症状と併発することもあり、あまりのしんどさに薬で対処せざる追えなくなるかと思います。

生モノや、消費期限が過ぎた食材を口にしたなど、わかりやすい原因であれば対処しやすいですが、原因の見当たらない吐き気で悩みの方も多くいらっしゃいます。

先ずは、消化に関わる内臓にスポットを当ててみましょう。
口の咀嚼から始まり、出口の肛門までの間には、様々な内臓が関わっていますが、今回の吐き気に
関しては、胃、膵臓、を中心としたお話になります。

胃は、とてもメジャーな内臓なので、改めて働きに関しての説明はいらないと思います。
膵臓は、糖尿に関してインスリンなどの酵素で有名ですが、胃の裏側に位置していて、消化を助ける酵素を分泌してくれる内臓でもあります。

胃や膵臓がストレスを受ける状況とはどんなケースでしょうか?
2つの内臓には、ある特定の感情パターンに対して反応する特徴を持っています。

それは、共感する感情と、同情する感情になります
普通であれば、良い心の持ち用として考えられる感情ですが、、、その感情が過剰にいき過ぎた
時や、逆にその心を見ないように無視した時など、両極端に振れ過ぎた時に、体内に流れている
エネルギーバランスを崩してしまいます。

例えば

  • 相手の話す内容に関して、全てに同意を示す癖がある
  • 相談を受けた時の内容などに、あたかも自分の経験かのように感じて感情が強く動く
  • 映画や、ドラマなどの世界観に入り込みやすい


感受性が強い、又は自分の感情を無意識に抑え込む。
こんな傾向性の強い方が注意で、その結果として、消化活動ができなくなった胃や膵臓は、
飲食を拒否したり、働きをリセットをしようと、吐き出す作用を起こします。

それ以外に、コミュニケーションで起こる”納得いかない、腑に落ちない”など、感情の消化不良も、消化活動に大きな影響を与える事もあります。

吐き気が、朝などに集中する方や、長い期間吐き気が続く方がいらっしゃいます。
症状にパターンがある方は、その直前あたりに考えていた事、又は感じていた感情などを意識して
みると原因となる背景が見つかると思います。

これまでに来店されたお客様の、吐き気に関する原因のパターンは、おおよそ対人関係にある事が多かったです。
自分を押し殺した関係性の付き合いや、意見の相違などで納得のいかない関係性などなど。

このような場合に相手を変えようとしてしまい、悪循環に陥ってしまう方もいます。
症状の答えは相手の中にはありません、自分自身の中にあります。そこに気が付いて、腑に落とす
事ができた方は症状を卒業していきます。


焦らずに自分自身と向き合って見てください。