初回来店時の初診が、その後の回復に影響する重要なポイントです


初めて来店するお店は不安がたくさんあるかと思います。セラピストの人柄やお店の雰囲気、セッション内容など要素はたくさんありますが、カウンセリングの中で不安を解消できるよう努めています。

  • 来店された理由(どのような症状に悩まれているか)
  • 現在の症状への対処法(投薬、他の治療法、など)
  • これまでの病歴(完治、治療継続に関わらず)
  • 日常生活のパターン(仕事の有無、食事、睡眠、運動、家族構成など)
  • 悠剛の治療方針(考え方や、流れの説明)
  • 本日感じている症状(現在、痛みや不快な症状があるか)
  • 本日のセッションのゴールを共有(どのような状態を目指すか)
  • 最終のゴールを共有(将来の目標となる身体や心の状態)


上記が基本的な内容となります。


特にゴールの共有は今後のセッション方針や、身体の回復スピードに大きな違いが出て来ます。

その為、しっかりと時間を使っています。



”何故、ゴールを設定するかしないかで違いが出てくるのか?”


身体の中を流れるエネルギーという存在は、自身の思考や感情に影響を受ながら、常に身体の中を移ろい変化しています。

その為、掴みどころの無い状態では、エネルギーの把握とコントロールが難しくなるのです。


例えば、ミサイルは目標の座標設定をすることで、目標のポイントへ到着できます。
しかし、座標が設定されて無い状態では、決して目標に到着する事はありません。

また設定をしていても様々な要因でズレが生じますが、ここで微調整ができるのも、

しっかりとした目標設定があるからなんです。
これと同じ論理が身体のエネルギー調整でも起こります。

身体に流れるエネルギーとは? こちらをご覧ください

初診でお聞きする内容は、どれも重要です。現在の症状に対して、

どのような対処をされてきたか?
その対処でどんな変化を体感しているのか?

心身の傾向性や日常生活のパターンなど、病歴から読み解いていく事で、症状の原因となるヒントが出てきます。

日常生活では、やる事に追われて、自分自身を俯瞰して客観的にみる事は少ないと思います。

悠剛でのカウンセリングやセッションを通して、お客様が、自分自身を見つめるキッカケとなり、物事の受け止め方や感じ方など、自身の傾向性が俯瞰して見えるようにお手伝いをしていきます。

その準備として、しっかりと初診のカウンセリングを行なっています。

カウンセング風景動画