内臓の調整が、これまで繰り返していた症状の再発を防ぎます。


これまでにどんな症状で悩まれてきましたか?


肩こり、腰痛など代表的なものから、頭痛、吐き気、などの不快な症状まで様々あります。
同じ症状を長年繰り返してきていませんか?

薬で症状を抑えたり、筋肉や骨を調整したり、リラクゼーションの揉みほぐしなどによって、一時的に症状が緩和するけど、数時間後、数日後にはまた同じ症状に戻っていませんか?
長年、同じ症状と付き合っていると、それ自体が自分らしさの一部となって、当たり前の共存状態になっていませんか?


何故、同じ症状を繰り返すのでしょうか? その答えが内臓にあります。


症状に関する事を火事に例えてみます。

  • 火事が発生する  = 症状が発生する
  • 非常ベルが鳴る  = 痛みや不快な症状を認識する
  • 非常ベルを止める = 薬やマッサージで症状の緩和をする
  • 火を消火する  = 病院や治療院など適切な処置をする、又は時間をかけた自然治癒


一般的な対処は、非常ベルを止めるという段階の行為で終了してしまいます。
薬やマッサージによる症状抑制や緩和です。

この段階で終わってしまうと、再発の可能性がかなり高くなります。
まだ、非常ベルの音が消えただけで、火元は燃えつづけている状態です。


次の段階が、筋肉や関節など痛みを発している器官への対処になります。
ここまでのケアができると、再発の頻度が少なくなってきます。

しかしこれだけでは、根本の原因は解消されません。


火元まで消す事ができているのに、後は何が必要となるでしょうか?ここから先、必要となってくるのが、出火の原因究明です。

  • 火元の原因を調べる = 痛みの原因がどの内臓の影響を受けているかリサーチ


火災において、調理、タバコ、たこ足配線、など原因は多様にあります。

今回の出火の原因がわからなければ、再発のリスクが上がりますよね?
これと同じ事を身体の症状でも探っていく必要があります。


根本の原因が何故、内臓と関係するのか? ここで鍵となるのが、内臓と筋肉の関係性です。二つの間にはペアとなる関係性があります。

どのようなペアでしょうか?

  • 肝臓 = 大胸筋
  • 小腸 = 大腿直筋
  • 胃 = 首関連の筋肉
  • 大腸 = ハムストリング筋
  • 腎臓 = 大腰筋


ほんの一例を上げてみましたが、上記のように筋肉と内臓のペアとなる関係性が無数にあります。

どんな関係性があり、症状の再発とどのように結びつくのか説明していきます。


生活の中で、体調の波を感じたことがあるかと思います。
今日は元気で、活力に満ちていると感じる日もあれば、何とも身体が重たくやる気が出ない日があります。


同じ身体なのに、あれ程感覚の開きがあるのは不思議ですよね?

この日々の体調の違いに答えがあります。


内臓のコンディションに合わせるように、筋肉のコンディションも影響されてしまいます。先ほどのペアの関係が特に強く影響を受けることになります。


筋肉の収縮運動は、脳からの指令により動かす事が可能となります、その指令はエネルギー(電気信号)を介して筋肉へ送られます。 

健康器具の電気マッサージで、筋肉がピクピクするあれです。


内臓が元気な状態であれば、筋肉へのエネルギーも100パーセント送る事ができます。

しかし、内臓が何かしらの影響を受けコンディションが悪くなると、筋肉へのエネルギー送信も比例して悪くなるのです。

通常の良好な状態であれば、ロードバイクのように軽々と走れる身体を持っています。

しかし、内臓のコンディション次第で、子供用の自転車を走らせるかのように、全力の力で日常生活を送らないといけない状態になります。

そのような状態で生活を送っていると、筋肉は次第に疲弊していき、自然治癒力の回復では追いつかなくなります。

最終的に、筋炎症を起こす事になり、痛みを発症していきます。

この過程で生じた痛みを、筋肉のケアだけでは一時的な回避にしかなりません。

これまでと同じように、子供用の自転車生活送ることになるので、再発をすることは火を見るより明らかだと思います。

症状の根本的なアプローチをするには、ストレスを受けた内臓のメンテナンスが必須です。

内臓と筋肉の間でエネルギーの受け渡しがあるように、内臓と内臓、筋肉と筋肉との間でも常にエネルギーのやりとりが行われています。

そのエネルギーのやりとりを読み解いて、バランスを調整していくのが内臓調整整体になります

身体全体のエネルギーの調和が取れた時に感じる、身体の軽さを体感していただきたいと思います。